根のつくり(双子葉類と単子葉類)


 双子葉類と単子葉類の根のつくりを比較します。適当にそこら辺の植物を抜いて観察してもよいのですが、やはり、プランターに植えておくと、抜きやすく、根が傷まないので観察しやすいです。私は、茎の観察で使うヒマワリとトウモロコシを根の観察にも使っています。 


実験のポイント

ア 種子は1つのプランターに15個程度植えるようにする。あまり密植すると、特にトウモロコシの茎が太くならない。根の観察の時は問題ないが、茎の観察の時に使いづらくなる。
 ヒマワリは背が高くなりたおれやすくなるので、竹で囲いをしてやる必要がある。

イ スコップを使って根を傷つけないように掘り出し、バケツの水につけて土を落とす。あらかた土を落としたら、別のバケツにきれいな水を入れておき、それでゆすいできれいにする。


その他 

 余談になるが、写真を撮るときは大きさの規準になるものを一緒に写し込むことが多いが、この時に「マッキー」や「プロッキー」を使うとよい。生徒にとって身近なものだし、色がいろいろあるので、背景に応じて、適当な色を選んで使うことができる。


トップページへ